増やす力: 不労所得、不動産投資など

投資
Ads
Ads

不動産投資による不労所得

資産を増やすためのもう一つの手段は、不労所得を得ることです。

不労所得で、一番に思いつくのは不動産投資ではないでしょうか。

 

不動産投資で得る不労所得には2種類あります。

       1. 安く購入した不動産を高値で売ることによって得た売却益。

    1. 不動産を貸すことによって得られる家賃収入

 

これらの不動産投資によって、まとまった不労所得を得ることができますが、不動産を新しく購入する場合、多額の資金が必要になるので初心者にはハードルが高いかもしれません。

配当金所得

投資を始めると、保有しているファンドや株によっては、定期的に配当金がつくものがあります。配当金は、不労所得に分類されます。

 

配当金は、所有しているファンドや株の株数と一株の配当額で決まります。

例えば、A社の株を1,000株保有しているとします。 A社が年間1ドルの配当金を支払う場合は、1,000ドルの配当金が収入として入ってくることになります。大抵の場合、配当金は四半期ごとに支払われます。

 

支払われた配当金は、現金で受け取ってもいいし、また同じファンドの株を買うことによって再投資することもできます。再投資することによって、より早く資産を築き上げることができます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました