ソーシャル セキュリティ ステートメントの見方について

ソーシャルセキュリティ
Ads
Ads

ソーシャル セキュリティの明細書の見方について

読者からのご質問

読者の方から質問をいただきました。

先日、ソーシャルセキュリティーオフィスから、”Annual Reminder to Review Your Social Security Statement”というメールが届きました。在米20年になりますが、自分自身で見直したことがありません。どういう点に注意をしてみるのがいいでしょうか?

今回は、この質問を取り上げてソーシャルセキュリティーの明細書を深堀りしていきたいと思います。

ソーシャルセキュリティの明細とは

ソーシャル セキュリティはアメリカで受け取れる年金のことです。

もしも、ソーシャル セキュリティ年金が老後資金の大部分を占める場合は、一年に一度は、明細書をしっかり確認しておきましょう。

明細書には、知っておかなければならない様々な情報が記載されています。また、もし毎年の収入の記録に誤りがあった場合訂正しておく必要があります。

明細書はたいていの場合、郵便で送られてきますが、ソーシャルセキュリティオフィス(SSA) のウェブサイトからダウンロードするオンラインのみのオプションも選択できます。

まだアカウントを登録していない人は、ぜひ登録しておきましょう。そうしておけば、自分自身の年金の受取金額の推定や最新のデータを、いつでも確認することができます。

Social Security Administration(SSA): www.ssa.gov

明細には何が書いてあるの?

皆さんは、定期的にソーシャルセキュリティの明細書を確認したことがありますか?

ソーシャルセキュリティの明細には何が書いてあるのでしょうか? 

引退して、年金を受け取るときにどれくらいもらえるか把握していますか?

どの項目に特に注意しなくてはいけないのでしょうか?

今回はこれらの点についてお話していきますね。

最新の明細書は、SSA(Social Security Administration)のウェブサイトでいつでも閲覧できます。ぜひ、この機会にアカウントを登録しておきましょう。

まず、ソーシャルセキュリティの明細書は大きく二つのパートからなっています。

1.Your Estimated Benefits:あなたの推定年金額 (2ページ目)

2.Your Earning Records :あなたの収入の記録 (3ページ目)

Your Estimated Benefits:あなたの推定年金額

まず、2ページ目に示されている”Your Estimate Benefits (あなたの推定年金額)”のセクションから見ていきましょう。

ここには、過去から現時点での収入に基づいて、将来どれくらいの年金が受け取れるかを示しています。

下に明細書の2ページ目の一例を示しています。これは、現在60歳の人のデータです。(下記の数字やデータは架空のものです。ご了承ください。)

**Aさんのソーシャルセキュリティの明細の抜粋(例)**

A. *Retirement: You have earned enough credits to qualify for benefits. At your current earnings rate, if you continue working until…
1. your full retirement age (67 years), your payment would be about……………………$ 1,986 a month
2. age 70, your payment would be about ……………………………………………………….$ 2,468 a month
3. age 62, your payment would be about ………………………………………………………..$ 1,376 a month
B. *Disability: You have earned enough credits to qualify for benefits. If you became disabled right now,
4. your payment would be about…………………………………………………………………$ 1,956 a month
5.*Family: If you get retirement or disability benefits, your spouse and children also may qualify for benefits.
C.*Survivors: You have earned enough credits for your family to receive survivors benefits. If you die this year, certain members of your family may qualify for the following benefits:
6.Your child…………………………………………………………………………$ 1,467 a month
7.Your spouse who is caring for your child…………………………………………………………$ 1,467 a month
8.Your spouse, if benefits start at full retirement age……………………………………….$ 1,956 a month
9.Total family benefits cannot be more than ……………………………………………………..$ 3,568 a month

D.Medicare: You have enough credits to qualify for Medicare at age 65. Even if you do not retire at age 65, be sure to contact Social Security three months before your 65th birthday to enroll in Medicare.
* Your estimated benefits are based on current law. Congress has made changes to the law in the
past and can do so at any time. The law governing benefit amounts may change because, by 2035,
the payroll taxes collected will be enough to pay only about 79 percent of scheduled benefits.
We based your benefit estimates on these facts:
Your date of birth (please verify your name on page 1 and this date of birth)………………. April 5, 1960
Your estimated taxable earnings per year after 2018 …………………………………………. $50,653

Your Social Security number (only the last four digits are shown to help prevent identity theft)……… XXX-XX-1234

それぞれの項目について解説していきましょう。

A.Retirement: リタイヤメント年金

この一文は、Aさんが年金をもらうために必要なクレジットをすでに取得していることを確認しています。年金をもらうためには、40クレジットを取得する必要があります。2020年では、$1,410の収入を得るごとに1クレジットが加算され、1年間に4クレジットまで取得できます。収入を得てソーシャルセキュリティ税を納めていれば、最短で10年間で40クレジットが取得できます。

次に、各年齢で受け取れる年金の推定額が示されていますが、これらの金額は、現在の収入とそれに伴う納税が年金を受け取る時点まで続くことが前提になっています。ですから、示されている金額はあくまでも推定で、確定金額ではありません。

1.この項目は、AさんががFull Retirement Age (FRA) で受け取れる推定年金額が示されています。AさんのFRAは67歳です。したがって、67歳になった時点で年金の受け取り申請をすると毎月$1,986を受け取ることができます。

2.もしも、Aさんが年金の受け取りを70歳まで待つことにしたら、70歳の時点で毎月$2,468を受け取ることができます。年金の受け取りを3年延ばすことによって、毎月の受取額が約25%増えています。

3.逆に、Aさんが67歳のFRAまで待たずに62歳で年金を受け取り始めた場合、毎月の受け取り額はFRA時点よりも約31%減って$1,376になります。

 

B. Disability: 障害年金

Aさんは、障害年金を受け取りために必要なクレジット数も獲得しています。

4.もしもAさんが事故や病気のために働けなくなった場合、障害年金を受け取ることができます。現時点でそういう状態になった場合、毎月$1,956受け取ることができます。

5. 家族への年金。もしAさんがリタイヤして年金や障害年金を受け取り始めた場合、配偶者や子供にも年金が支払われる場合があります。

 

C. Survivors: 遺族年金

この項目では、Aさんは家族が遺族年金を受け取るのに十分なクレジットを取得していることを確認しています。もしも、Aさんが今年亡くなった場合、Aさんの遺族は遺族年金を受け取ることができる場合があります。

6.Aさんの子供への遺族年金は毎月$1,467。

7.Aさんの子供の世話をする配偶者への遺族年金は毎月$1,467

8.もし年金の受け取りがFRAで始まる場合、配偶者への遺族年金は毎月$1,956

9.家族が受け取る遺族年金の合計は、月$3,568を超えないこと。

 

D. Medicare: メディケア

Aさんは、65歳でメディケアを使えるだけのクレジットを取得しています。メディケアは65歳でリタイアしなくても、65歳の誕生日の3カ月前までに申し込む必要があります。

最後の部分では、いくつかの注意点が書かれています。これらの推定年金額は、現在の法律に基づいて計算されたもので、将来法律が変わる可能性があり、それに伴って推定金額も変わります。それは、2035年までに現在の推定金額の79%しか払えなくなる可能性があるからです。

さらに年金額は、3つのデータに基づいて計算されているということが書かれています。それらは、あなたの誕生日、今後の課税対象になる収入の推定額、ソーシャルセキュリティ番号です。

これらに間違いがないか、よくご確認ください内容を入力してください。

 

あなたのお名前(1ページ目)、誕生日、今後の課税対象になる収入の推定額、ソーシャルセキュリティ番号に間違いないかご確認ください。

Your Earning Records :あなたの収入の記録

それでは、3ページ目にある”Your Earning Records ( あなたの収入の記録)”を見てみましょう。

ここには、あなたの働いた年、各年のソーシャルセキュリティ税対象の収入(Your Taxed Social Security Earnings), メディケア税対象の収入(Your Taxed Medicare Earnings)を見ることができます。

この収入の表をよく見直し、過去の収入が正しく記載されているかどうか確認しておきましょう。もし誤りや抜けている年があれば、訂正する必要があります。

 

収入の記録の表の下側に、これまであなたが納めてきたソーシャルセキュリティ税とメディケア税の合計が示されています。それぞれに、二つの合計があります。一つはあなた自身が払った合計額、もう一つは雇用主が払った合計額です。(データは架空のものです。)

Total Social Security and Medicare taxes paid over your working career through the last year reported on the chart above:
Estimated taxes paid for Social Security: You paid: $70,698. Your employers paid: $72,634
Estimated taxes paid for Medicare: You paid: $17,020. Your employers paid: $17,020

 

ここで覚えておきたいことは、ソーシャルセキュリティの年金額は、納めた税金の額で決まるのではなく、あなた自身の実際の収入で決まります。そういう理由で、収入の記録を毎年確認しておくことが重要なのです。

まとめ

ソーシャルセキュリティの明細書の見方と注意点を大まかに解説してきましたが、どうでしたか? 少しでも、お役に立てればうれしいです。

明細書には、他にも各年齢ごとの年金受取額の解説、家族への年金に関する注意事項や年齢制限、メディケアについての注意点なども説明されています。機会があれば、ぜひそれらも読んでみてください。

ソーシャルセキュリティについての法律は今後変わる可能性があるので、受取額の推定もそれによって変わってくることがあります。そういった変更を確認する意味でも、少なくとも一年に一回は明細書をダウンロードして、見直すことを習慣化していってください。

他にも不明な点があれば、ご質問ください。

他のファイナンスに関する質問も、お気軽にお問い合わせください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました